子どもの頭と心を育む!知育おもちゃの選び方

遊んで楽しんで感情を育てる!知育おもちゃとは?

子どもには色んな事を学んでほしい…というのは、パパママたちの永遠のテーマですよね。お出かけに連れていく、支援センターで他の子どもと遊ぶこともよいですが、家の中で遊んで学ぶことができる「知育おもちゃ」ってご存知でしたか? 知育おもちゃとは、子どもの指先、心、頭脳…など、成長に応じたおもちゃで様々な育成効果が期待できます。年齢に応じた遊び方・発達の度合いが研究されており、子どもの豊かな表現力を育てることを目的としたものや、記憶力を育てるもの、指先の器用さを鍛えるものなど、その組み合わせは無限大です。 たくさん種類がありますが、きちんと合ったものを選べば、子どもの心や頭を大きく成長させることができるのです。

一番興味のあるおもちゃを、適宜買い与えて

知育おもちゃは大量に買い与えても、あまり効果を発揮しません。一番効率的なのは、子どもが興味を示したおもちゃを少しずつ買い与えることです。
子どもは日々成長していきます。昨日できなかったことが今日できるようになり、いつか当たり前にできるようになる日がやってきます。その時の興味や成長に合わせたおもちゃを与えることで、子どもの個性がどんどん輝いていきます。
気をつけなければならないのが、誤飲の可能性です。対象年齢はできれば守るようにしましょう。
1歳までは対象年齢を守り、その月齢にあったおもちゃを与えましょう。1歳を過ぎると、3ヶ月~半年ごとにおもちゃの適性を見直しながら、その時子どもが一番興味を持ったものを買い与えるとよいでしょう。
遊んで学んで知識になりそれが将来役に立つ地形パズルや、組み合わせて遊ぶことのできるブロックおもちゃは、幼児期から小学校卒業まで長く遊ぶことができますよ。